夫の浮気調査後の裁判

夫の浮気調査後の裁判

夫の浮気調査後に慰謝料を請求した場合、夫側が納得できないのであれば裁判に発展する可能性があります。

 

裁判の結果によってはもらえる慰謝料が請求した金額より少なくなる可能性もありますので、夫の浮気調査を行う際には裁判も見据え、以下の点に注力すると良いでしょう。

夫の浮気の証拠をできるだけたくさん見つける

夫の浮気調査では、できるだけ多くの浮気の証拠を見つけることが大切です。

 

特に自分で夫の浮気調査をした場合、夫の浮気の証拠を1つや2つしか見つけられかなかったというケースも多々あるようですが、1つや2つだと強い証拠として認められない可能性があります。

 

逆に夫の浮気調査で証拠をたくさん集めれば集めるほど強い証拠として採用され、裁判で希望通りの慰謝料支払いの判決がなされる可能性が高くなりますので、証拠ができるだけ多く集めましょう。

 

なお、探偵社は証拠を集める重要性を理解しているため、夫の浮気調査は探偵社にお願いすることをおすすめします。

離婚裁判に強い弁護士に依頼する

裁判を勝ち抜くためには、やはり離婚裁判に強い弁護士に依頼したほうが良いでしょう。

 

ただ、離婚裁判に強い弁護士を見つけるのもなかなか難しいかもしれません。

 

その点、夫の浮気調査を探偵社にお願いしておけば離婚裁判に強い弁護士を紹介してもらうこともできますので、もし夫の浮気調査後に裁判まで発展したときでも安心です。

 

ちなみに、弁護士費用が別途発生しますが、もらえる慰謝料で支払えるだけの金額となるケースが多いようです。

 

夫の浮気調査に人気の探偵社