夫の浮気調査 モラハラとは

夫の浮気調査 モラハラとは

家庭内でモラハラがあった場合、夫の浮気調査を考えてみても良いかもしれません。

 

モラハラとはモラル・ハラスメントの略で、簡単に言うと理屈が合わないのに暴言を吐くなど精神的な暴力のことです。

 

最近では家庭内でモラハラが多発していますが、モラハラをする夫の大きな特徴として「わがまま」、「プライドが高い」などがあげられています。

 

モラハラがあったからといって浮気をしているということには繋がらないものの、モラハラをする夫のは強いストレスを感じていることが多く、そのストレスを浮気で解消するということも十分考えられますので、モラハラがあったら浮気も疑ってみてください。

 

ここではモラハラの特徴について例を挙げながら説明していきたいと思います。

嘘をつくことに悪気を感じていない

モラハラをする夫の特徴として、嘘をつくことに何の悪気も感じていないということがあげられます。

 

浮気をする夫も悪気を感じていないことが多いため、共通点があると言えるでしょう。

 

もし夫が平然と嘘をつくようになり、何らかの浮気の兆候が見られるようなら、すぐにでも夫の浮気調査を始めることをおすすめします。

自分の考えを正しいと信じている

モラハラをする夫の特徴として、自分自身の考えを正しいと信じ込んでいるということが挙げられます。

 

何につけても自分の考えを正当化する傾向にありますので、もし夫の浮気調査で浮気をしていることがバレたとしても、何らかの理由をつけて妻のせいにしてくるかもしれません。

 

夫の浮気調査に人気の探偵社