夫の浮気調査後の時効

夫の浮気調査後の時効

夫の浮気調査後に慰謝料を要求することを考えていらっしゃる方は、なるべく早めに手続きをしたほうが良いかもしれません。

 

なぜなら、浮気に対する慰謝料には時効かあるからです。

 

とはいえ、浮気の慰謝料を要求できる時効は3年と長くなっていますので、夫の浮気調査後に浮気をしていることが明らかになった場合は、夫よく話し合ったうえで速やかに慰謝料の要求の手続きをすることをおすすめします。

 

ここでは、夫の浮気の時効についてもう少し深く掘り下げて説明したいと思います。

夫の浮気の時効起算日

夫の浮気の時効は、上記でもご説明差し上げたように3年となっています。

 

では、どの時点が浮気の時効の起算日となるのでしょうか?

 

法律で定められている浮気の時効の起算日を噛み砕いて説明すると、夫の浮気によって何らかの損害を被った日、または浮気相手が誰なのかを確認できた日が時効の起算日となっていますので、覚えておいてください。

 

ちなみに、夫の浮気調査後も夫が浮気を続けているようなら、時効は成立しないこととなります。

浮気で負わされた心の傷に時効はない

夫の浮気調査で浮気が発覚した場合、ご自身は深く傷つくことになってしまうでしょう。

 

浮気の慰謝料の要求に時効はありますが、夫の浮気によって負った心の傷に時効はありません。

 

夫の浮気がトラウマになってしまう可能性も十分考えられますので、夫の浮気調査が終わったら完全に解決できるまで夫と話し合ってください。

 

夫の浮気調査に人気の探偵社