夫の浮気調査で弁護士に依頼

夫の浮気調査で弁護士に依頼

夫の浮気調査を弁護士に依頼することは、基本的にできません。

 

なぜなら、弁護士は浮気を証明するための証拠集めなどを行っていないからです。

 

したがって、夫の浮気調査を依頼するのであれば、弁護士ではなく当サイト「主婦必見!夫の浮気調査マニュアル」で紹介している探偵社を選んでください。

 

ただ、夫の浮気調査が終わったあとに離婚という流れになる場合、弁護士に依頼したほうが良いケースもあります。

 

以下、どのようなときに弁護士に依頼するのか例をあげて説明したいと思いますので、夫の浮気調査を検討している方はぜひチェックしてください。

夫の浮気調査後に慰謝料を請求する

夫の浮気調査が終わったあとに慰謝料を請求するのであれば、弁護士に依頼することをおすすめします

 

慰謝料の請求には法律も関わってきますし、弁護士を雇わなければ十分な慰謝料をもらえないということも考えられますので、慰謝料を請求するなら弁護士に依頼したほうが良いでしょう。

 

ちなみに当サイト「主婦必見!夫の浮気調査マニュアル」でピックアップしている探偵社は、いずれも弁護士の斡旋も行っています。

夫の浮気調査後に親権を争う

子供がいらっしゃる方の場合、夫の浮気調査後に親権を争うということにもなりかねません。

 

夫側が素直に親権を渡してくれるようなら問題ないかもしれませんが、もし親権の譲渡に応じないようであれば弁護士に依頼すべきでしょう。

 

なお、ご自身に非がなく、夫の浮気がすべての原因になっているようなら、裁判に発展したとしても親権を得られる可能性は高いです。

 

夫の浮気調査に人気の探偵社